ドラマ 白夜行 あらすじ&レビューページ
山田孝之 綾瀬はるか 渡部篤郎出演 TBS木曜9時ドラマ「白夜行」についてのページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 白夜行 第七回 2006年2月23日放送 あらすじ&レビュー

亮司は松浦の死を隠し、園村と雪穂にアリバイを作らせた。二人が自分と松浦に脅されていたことにして、辻褄を合わせることで二人に昼の世界を歩かせようとしたのだった。笹垣は、取調べに応じた雪穂の涙に同情するが、母が死んだと聞いた雪穂が病院で見せた時と同じ笑顔を浮かべたまま泣いているのを見て、思わず雪穂をはり飛ばしてしまう。笹垣は、けして亮司は松浦の被害者ではないのだと見切っていた。
人生に残された、たったひとつの美しさを売り払ってしまった二人。雪穂は亮司の為に何かできはしないかと考えていた。自分に近づいてくる高宮から金を「ふんだくる」ことにしたのだ。雪穂は高宮と付き合い始める。
二年後、雪穂は高宮と結婚するところまで漕ぎつけた。高宮は付き合ってすぐ雪穂を妊娠させてしまったことで負い目を感じ、結婚までずるずる来てしまったものの、実のところは派遣社員の三沢千鶴という好きな女がいた。亮司は雪穂にそのことを伝え、雪穂の結婚を陰から助けようとする。雪穂は亮司が以前に比べてとても穏やかになっていたことを心配する。「雪穂の幸せは俺の免罪符だから。」と言う亮司。
三沢は退職し、田舎に帰ってお見合いをすることになった。高宮と雪穂が結婚する前日、三沢は二人が披露宴を開くホテルで東京最後の夜を過ごすという。高宮は結婚の前日に三沢に愛を告白し、駄目だったら運命とあきらめて雪穂と結婚することにしていた。亮司と雪穂はぞれぞれ二人を引き合わせないように画策する。高宮も篠塚を使って雪穂の目を眩ませようとするが、亮司は刑事に成りすまし、捜査の為だと三沢を別のホテルに泊まらせる。三沢が部屋をキャンセルしたことを知った高宮はこれも運命と、雪穂と結婚する決意を固める。そばにいた笹垣は篠塚に、「こいつは雪穂の幽霊みたいなものだから」と、亮司の写真を見せる。
高宮と雪穂を空港で密かに見送る亮司。「私は幽霊みたいなものだから。」と泣きながら愛人に電話をかける女がいた。
雪穂はパスポートを忘れたふりをして、高宮を先に行かせ、亮司に会いに行く。夜、一人で都会の風景を眺めている亮司に、雪穂は高宮の会社のコンピューターにアクセスするIDとパスを渡す。これがあれば亮司は高宮の子会社に入って昼の世界を歩けると。それをつき返す亮司だが、雪穂は、「この結婚は私にとって売春なんだよ。」と言う。亮司の幸せが私の免罪符だと言う雪穂。亮がやったことは自分の為に、自分がやったことは亮の為に、そうやってやったこと正当化しまくって生きていこうと雪穂は言う。「最悪だな。それ。」「もとから最悪じゃない。私たち。」「雪穂も何もかも失うかもしれないよ。」「もとから何も持っていない。亮以外・・・。だから、もう幽霊はやめて。私に約束を守らせて。」
「お帰り」と雪穂は言い、「ただいま」と亮司は言う。
笹垣は、警察に辞表を出し、探偵になって亮司を追いかけることを決意する。「息子に会いとうなったら電話してこいや。」と酔いつぶれた弥生子に言う。 「念仏は、まことに浄土にうまるる種や、地獄に落つべき業や、総じてもって存知せざるなり。」(歎異鈔第二章)弥生子は狂ったように泣き叫び、笹垣を追い払う。


レビュー
暖かい日溜りに触角をもがれた人間達が闊歩して行く。亮司と雪穂は自らそこにできる影へ踏み込んでいった。存在感のバランスをとれなくなったことと引き換えに、名も知れぬ静かな快楽が訪れる。ただ、起こるべくして起こるようになってしまった罪がひとつまた増え、とうとう二人はそこへいてはならなくなる。心を閉ざして目覚める思いは絶えず生きる理由を問いかけ、シーンの端々に忍び泣きの跡と嘔吐感が交互に現れる。もう二人は本当に孤独ではいられなくなってしまった。さもないといずれわけのわからない不安に発狂してしまうことだろう。発芽しない種に注ぐような亮司の愛情と、亮司を太陽の下に戻すために身を呈しようとする雪穂の愛情。いつからか二人は最後の鐘に見つめられている。互いに寄り添うようにして世界を分かつ鐘に。










テレビドラマの時間 三田ちゃんのそら見たことか
http://mitachan.seesaa.net/




大切な人に、お花を贈りませんか?




ドラマ原作本などはこちらから















   





スポンサーサイト

テーマ:白夜行 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ドラマ 白夜行 第六回 2006年2月16日放送 あらすじ&レビュー

亮司の母弥生子は、父親の実子ではない亮司が犠牲者だと思わないのかと言う古賀の言葉に動かされ、探偵社に行き松浦を探して欲しいと依頼する。
雪穂は亮司に通帳を送り返し、「恩を着せられるのも気分が悪いので。」という手紙を添える。
亮司は松浦に、雪穂に何かがあったら皆を道連れにして自首すると言う。松浦は亮司に、白夜のようにだらだらぐずぐず人生は続いて行くと言い、出て行く。
白夜は、奪われた夜なのか与えられた昼なのか、夜を昼に見せかけるのは悪意なのか善意なのか、いずれにしろもう、昼とも夜ともしれない世界を歩き続けることには嫌気がさしてきた。終わりにしようと亮司は思う。
篠塚と大学で会う雪穂だが、篠塚は軽く言葉を交わして雪穂の前を通り過ぎる。雪穂は亮司を守るために、松浦を殺す準備を着々と進めていた。
松浦の過去を知ろうとした園村は、松浦から暴行を受ける。亮司は松浦が雪穂を狙っているかもしれない以上、松浦も殺してしまうほかないと思っていた。行きつけの居酒屋の主人は、松浦は母親の浮気でできた子供で、母親と兄を刺した前科があると言うことを亮司達に教える。亮司はもう少しは松浦を殺さずにいようと考え直す。
榎本のルートに手入れが入るという。亮司は急いでデータを消していくが、松浦と連絡が繋がらない。松浦は電話に出ず、亮司は松浦の部屋に急ぐ。
一方弥生子は亮司の為に夫のネガを取り戻そうと松浦の部屋を訪れる。弥生子を尾行していた古賀は、暴力を振るう松浦を逮捕しようとするが、逆に松浦に刺し殺されてしまう。亮司が松浦の部屋に着いた時、松浦は凍りついた母親の前で古賀を刺し続けていた。とっさにすべてを判断した亮司は、父を殺したハサミで松浦の腹を刺す。
「本当はずっと、こうしたかった。あんたがきてからおかしくなったんだ家は。もう死んで。あんたなんかいない方がよかったんだよ。」
松浦は死に瀕し、亮司は自分に似ていると思った。だからあのことは誰にも言わなかった。ひどいよ亮ちゃん。と亮司を責めるが、白夜の写真を指差し、「綺麗だろ、パッチもんのリュウ(?)も捨てたもんじゃないよ。」と言いながら笑って死んでいく。亮司は弥生子に、松浦が古賀を殺したとだけ言ってくれと言い残し、フィルムを持って出て行く。
公衆電話から松浦に電話をかける雪穂の前に、亮司が現れる。ダニみたいな奴だった。パッチもんだった。みんないなくなればいい。だから、これでよかったのだと懸命に言う亮司に雪穂は刃物を見せ、「やったのは私だよ。」と言い、亮司を抱きしめる。亮をもう一度太陽の下に戻してあげる。そういうのはどうかな。私は亮にとって割と頼りになると思うんだけど・・
古賀の霊安室。父のように慕ってくれた古賀を思いながら、笹垣は古賀に対して何度も謝り続ける。「苦悩の旧里は捨て難く、未だ生れざる安養の浄土は、恋しからず候」(歎異抄第九条)
亮司は思う。「何もかもうそっぱちの人生だから、もう全部嘘にしてしまおう。すべてのカードが裏返れば、きっと新しい物語が始まる。」と。
二人はもうすぐ二十歳だった。


レビュー
生きえぬ者の深い悲しみと、それに揺られ生きる人々の人生の断層が、空回りする太陽のように続いていく。人を構成する成分が未成熟で分かたれるような、松浦と古賀の死。語られざる痛みをまた抱え、なおも生き続けようとする空っぽの生。
自分を遠くから傷つけるように亮司を守っていた雪穂だが、亮司の教えた「涙」が雪穂に強さと道を与え、雪穂は初めて殺人者としての自覚に目覚めてしまう。だが、その強さそのものが、「太陽の下を手をつないで歩く」夢と、実は別の系に連なるものであり、亮司が父を刺した手のぬくもりとはまた違う何かを生んでしまったのではないだろうか。亮司のような自己療養的な愛情措定であれば、きっとお互いを包み合えたのだろう。それは往復運動のように胚胎し、絶えることない感情を保ち続けることができるから。だが、雪穂はもっと透徹した気持ちに達していた。それは結果として悟りを開いた兵士のように、白夜の下で自分を傷つけるだけになってしまう。
亮司はそんな雪穂をしっかり守っており、それがひとつの救いの糸になった。交差点の真ん中から雪穂を思う亮司が印象的だ。きっと、殺人を重ねる度に、父を刺したあの時の、純粋なぬくもりに返っていくのであろう。どれだけ傷ついても俺は大丈夫だよ。あのぬくもりにまた会えるのならと。
そんなふうに人は人を殺め続けていくのだろうか。
それをどこかで天は見守っているのだろうか。









テレビドラマの時間 三田ちゃんのそら見たことか
http://mitachan.seesaa.net/




大切な人に、お花を贈りませんか?




ドラマ原作本などはこちらから















   





テーマ:白夜行 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ドラマ 白夜行 第五回 2006年2月9日放送 あらすじ&レビュー

雪穂を抱いた亮司は、窓越しに降りしきる雨を見て、自分は何をやってるんだろうかと思うのだった。雪穂にとっては篠塚といる方が幸せなのは誰の目にも明らかだ。「会わなければ忘れられる。」と言う雪穂に、雪穂が幸せでなければ、自分が死んだ意味が無いと言う亮司。篠塚を忘れなくてもいいと言い、ひとり部屋を出て行く。
笹垣は、西口奈美江が死ぬ前に自分自身で金を引き出したかを調べていた。机の上には、奈美江が書いた亮司の似顔絵が置かれている。
榎本から亮司に、ゲームの設計の仕事が舞い込む。作業に没頭する亮司を案じる園村。
密かに篠塚を思っていた雪穂だが、篠塚は友達の川島江利子と付き合っていた。「応援するしかないか・・・」と雪穂はあきらめようとするのだった。
亮司を案じる園村から榎本の話を聞いた松浦は、榎本との取引になぜ自分を通さないのかと怒り、亮司の部屋まで出向いて脅す。
亮司が関わっていたカード偽造事件の新聞記事が出た。園村は落ち着いてクールな亮司の態度に、お前の信じているものは何かと尋ねる。雪穂の「もう一度、太陽の下亮くんと歩くんだよ。」という言葉を思い出す亮司。
雪穂は、篠塚と江利子に誘われて食事をする。雨の日に妊婦に傘を貸した江利子のまっすぐさが金に換えられないと篠塚に独白され、司人を黙って見送る雪穂。
篠塚とうまくいかなかったことを言いに来た雪穂に亮司はすげない態度で接する。雪穂は江利子を藤村と同じ目に合わせてほしいと亮司に言う。雪穂にとっては、ただ幸せに育って性格がいいだけの江利子が、その素直でいる幸せに気づかないことが不公平で許せないのだった。篠塚などどうでもいいからと言う雪穂だが、亮司はわざわざ人の幸せを壊す雪穂自身の気持ちが分からない。病院へ行くべきだと言う。
帰ってきた雪穂に、義母礼子はカウンセリングを受けさせようとする。笹垣のさしがねだった。笹垣は、昔自分の過ちで自殺させてしまった犯罪者の娘の話をして、雪穂にカウンセリングを受けるように勧めに来たのだ。雪穂は何でもないというが、礼子は、誰も信じず、心の内を見せる勇気がないのならば、それは心の傷ではないかと言う。
亮司は雪穂に電話をかけ結局は後悔するだけだと思うと告げるのだが、雪穂は次の手段を考えていた。
松浦は昔の写真で雪穂を脅迫する。雪穂は松浦の携帯から亮司に電話をかけ、「組む相手を間違えた。さようなら」と言って電話を切る。亮司が駆けつけた時、松浦と雪穂はホテルに入ろうとしていた。雪穂は「亮は正しい。正しいことなんて言われなくても分かっている。」と言って部屋に入って行く。へたへたと倒れこんだままの亮司。しばらくして松浦は「途中で泣き出しやがって、面倒くさいねえ。」と言い出て行く。雪穂に帰ろうと言う亮司。雪穂は、亮司の父親に撮られた写真を投げつけて、不公平だと思ったり、人の幸せを壊してやろうとしたり、みんなと同じようにがんばれないことは間違いだと言う亮達がした仕打ちを責めるのだった。(病院へ行けなど)亮だけには言われたくなかったと言う雪穂。「やってやるよ。」泣きながら亮司は言う。
江利子は、篠塚の家に行く途中に亮司に襲われる。藤村の時と同じように写真で脅され、警察には届けられない。江利子は篠塚とは別れたいと雪穂に託す。
笹垣の後輩古賀は、笹垣のメモを亮司の母弥生子に見せる。親としての心に掛けてみたいと言う古賀。古河の妻も、親心は良心ではなく本能みたいなものだと言う。
「念仏申せば八十億劫の罪滅す」笹垣は呟く。
亮司は、雪穂の行動はすべて自分に言うことを聞かせるためではないかと問う。計算だったら何?と開き直る雪穂に、何を言われても騙されているとしか思えないと亮司。
「騙される方が馬鹿なのよ。」雪穂は出て行く。
夜道を歩きながら、「ごめんね。亮」と月を見上げ泣く雪穂。




レビュー
憧憬と現実が、不細工な光と影のタペストリーのように描かれている回である。自分らしい生き方を何度も取り戻そう、確かなぬくもりを感じようとする程に死者達の呪いに捕えられ、二人は笑顔まで忘れてしまう。
ドラマの前半で、「地球から月の裏側は見えない。けれど知ろうとしなかっただけなのかもしれない。」と言った亮司が最後に、「月の裏側には何もなかった。」と言う。ポップソングのような甘い世界を欲していた雪穂に優しくなりきれなかった亮司は、自分の存在を賭し、雪穂に何かを教えたかったのだ。
多分それは「涙」ではないだろうか。涙とともに生きることができないのならば、誰を怨んで月の裏側に不幸をなすりつけに行っても何も変わらない。そんな「メッセージ」が込められていたのではないかと思うのだ。この達観した人生態度は、臓腑にくだらなさを詰め込んだふがいない私たちへの警鐘であり、悲しき忘却の自己確認でもある。
涙を昇華した心で、いつか心から甘い涙を流す。それのみが亮司にとっての救いなのかもしれない。









テレビドラマの時間 三田ちゃんのそら見たことか
http://mitachan.seesaa.net/




大切な人に、お花を贈りませんか?




ドラマ原作本などはこちらから















   





テーマ:白夜行 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ドラマ 白夜行 第四回 2006年2月2日放送 あらすじ&レビュー

1999年春。亮二と雪穂はそれぞれの道を生き始めた。亮二は雪穂の為に大都銀行の西口奈美江を脅迫し、スキミング犯罪の儲けで雪穂に送金していた。以前亮二に恩のあった園村友彦は亮二の言うことにすべて従い、事務所を用意し、犯罪に手を染める。
雪穂は友達の川島江利子とともに清華女子短期大学に入学し、高価な持ち物で身を固めた人間のいたソシアルダンス部に入る。
「二人の横面ひっぱたくのはワシしかおらん。」と、笹垣はやはり二人を追いかけていた。「いずれの行も及び難き身なれば、とても地獄は一定住みかぞかし。」(歎異抄第二章)
ある日、亮二の事務所に榎本という男が現れ、西口を探していると言う。亮二はシラを切るが、身の危険を悟る。その後、西口の同僚が路上で何者かに殺された。榎本の仕業らしい。榎本も西口に近づき、不正をさせて金を騙し取っていた。亮二はとりあえず西口を園村と共に隠して一計を案じる。
その後、海外へ逃亡できるものを揃え、西口を送り出す。「隙を見せた方が悪い。」亮二は西口にそう告げ、西口は亮二に感謝して去っていく。「奈美江さん死んじゃうんだ・・・」呟く亮二。亮二は榎本に指定された場所に西口を行かせてしまったのだった。自分のした事にやるせない気持ちを覚え、無性に雪穂に会いたくなる亮二。
雪穂は、ソシアルダンス部のOBである製薬会社の御曹司、篠塚一成が気になり、心を動かされていた。篠塚を見送る雪穂の姿を見ている亮二。守りたいと思った同じ気持ちで雪穂を傷つけたいという欲望がつき上がってくる。
亮二は雪穂に電話をかけ、西口の銀行の金を引き出させる。園村にさせるはずだった危険な仕事を雪穂にさせたのだ。
その頃西口の隠れるホテルでは、呼び出しのベルが。「換気扇の点検です・・」ドアを開けた西口は、榎本の手にかかって殺されてしまう。
亮二は雪穂をホテルに呼び出し、これだけさせておいて自分だけ都合よく一抜けなんて許さないと言う。雪穂は自分の気持ちは理屈じゃない、仕方がないと泣き、二人は互いの肉欲をぶつけ合う。雪穂は、人の体の暖かさに気が付いたと言って亮二を抱き続ける。束の間のやすらぎの外で、雨に洗われるように溶け出してゆく二人の罪と罰が待っていた。


レビュー
スキに乗じ殺してしまう。まさに末法の世界観を呈してきた。勧善懲悪の物語ならいざしらず、何か共感する部分を見つけなければ常識人の感覚では見るのが苦しくなってきた。安住できる場所がない、どこへも帰ることのできない二人のラブアフェア。罪深くもつれた糸のほんの一端を解こうとする切なさ。ドラマチックになるほどに赤裸々で酷く、もはや作品という源に返すしかなさそうである。作品の源にあるアルゴリズムと心の翼との距離が、囚人の癒しをいっそう輝かせるのではないだろうか。







テレビドラマの時間 三田ちゃんのそら見たことか
http://mitachan.seesaa.net/




大切な人に、お花を贈りませんか?




ドラマ原作本などはこちらから















   





テーマ:白夜行 - ジャンル:テレビ・ラジオ

プロフィール

綾悦

Author:綾悦

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。