ドラマ 白夜行 あらすじ&レビューページ
山田孝之 綾瀬はるか 渡部篤郎出演 TBS木曜9時ドラマ「白夜行」についてのページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 白夜行 第二回 2006年1月19日放送 あらすじ&レビュー

1998年、冬。刑事笹垣が現れる。笹垣はまず亮二の母のスナックに行き、扉が外開きに変わっていることを聞く。
あれから七年、亮二に雪穂から連絡はない。学校にも行かないで、図書館で雪穂の幻を見ている日がある。図書館のおばさんには、「向こうはもう忘れているの。学校に行きなさい。」と叱られている。
「どこかで幸せにやっているのなら、俺は、よかったなと言ってやりたい。そのために他人になったのだから。きっと、このまま何もなく、他人として生きて行くのだろう。良くも悪くも、何事も起こらず。」
しかし、再会の日はやって来た。
写真マニアの男子生徒の叔父が七年前、建築現場に入って行く雪穂と父親の姿を写真におさめていたのである。亮二の父の死体を発見した菊池がその男子生徒から写真を奪い、亮二を脅してきたのである。
雪穂も、学校で嫌がらせにあっていた。ロッカーへの落書、母との心中事件を蒸し返すような手紙。駅で、普通列車を乗り過ごして、急行に乗る日々。
亮二には気がかりなことがあった。事件の発見を遅らせるために、亮二は密室を作ってしまった。子供でなければ通れない密室。菊池がもしもそれを思い出したら、笹垣に写真を見せたら、疑惑の矛先は必ず雪穂に行く。雪穂のことを思い出しながら、何としても借りを返さなければいけないと思っていた。
亮二は菊池に100万円を要求。笹垣は菊池の家にドアの件で聞き込みに来る。「全然開かなかった。」と言う菊池。
はさみを眺めながら、亮二は思う。
もう殺すしかない。けれど、そうしたらもう二度と雪穂に会えなくなる。けれどそれでいいんだ・・・。
学校でのいやがらせにおとなしくしていた雪穂だが、雪穂の学校ではついに雪穂の元の名字と写真がのった小学校の卒業アルバムが張り出された。ロッカーには残飯が。
放課後、雪穂は、「ガイチュウ!」と言いながら、大江工業の男子生徒を追いかけている女生徒の藤村を目撃する。雪穂のロッカーに書かれていた落書と同じ言葉だ。とっさに雪穂には藤村が犯人だと分かった。
そしてついに、家にもいたずら電話が・・・
「学校へ行こう。」養母は雪穂に、「施設にいた時に散々やられたやろ。一生そうやって逃げるん?過去を完全に消すことなんでできひんのよ。」と言う。
それでも沈黙を通した雪穂だが、今度は駅の公衆トイレに自分の落書を見つける。
養母の言葉が頭を押さえつける。落書に向かって弁当箱を投げる雪穂。気がつけば、各駅停車に乗ってあの駅に降り立っていた。
その駅にやって来る亮二。公衆トイレで落書を消す雪穂と再会する。
「友達に、いたずらされて・・・」一生懸命落書を消す雪穂に、亮二は昔と同じ言葉を言う。
「タイムマシンがあったら、過去へ行く?未来へ行く?」
「チャゲと飛鳥、どっちが好き」
「どぶに咲く花って知っている?」
「本当は無いんだよ。でも、きれいだった。すごくすごく、綺麗だった・・・。」雪穂を抱きしめる亮二。 
亮二の部屋。
脅かされている写真を雪穂に見せる。
「自首しようか?」
「ダメ。ハサミ、お母さんのだって言っちゃってるし。」
「ごめんね。あの時俺が自首していれば・・・。」
亮二は言う。
「雪ちゃんの人生ボロボロにしちゃたの、誰が何と言おうと俺と俺の父親だから・・・幸せにしてやろうかとか、そんな偉そうなこと言えないけれど、でもせめて、不幸せにしないことぐらい、俺にもできるんじゃないかと思ってさ・・・」
黙る雪穂。亮二は居ても立ってもいられなくなる。
「もういいよ。菊池も笹垣もぶっ殺して、俺が死ねば済む話でしょ。」
そう言った亮二を、雪穂は叩く。
「あたしの幸せって何だと思ってるわけ?何のために私が別人になろうとしてきたと思ってんのよ。西本だとばれるから、事件のこと思い出す人が増えるからでしょう。何のために、毎日毎日わざわざ急行列車乗ってると思ってんのよ。各駅だと降りちゃうからでしょう?あんたが立ってるから降りたくなっちゃうからでしょう?何を言われても、何されてもニコニコ笑って・・・何の為に七年も他人の振りしてきたと思ってんのよ。もう一回あんたと歩く為に決まってるからじゃない。・・・時効が来て、そしたら、もう一回太陽の下亮君と歩くんだよ。昔見たおじいさんとおばあさんみたいに、手つないで、いやあ殺したね、とか鬼畜なことも笑いあったり、けど、仕方なかったよねとか。そんな相手、一人しかいないよ。亮君以外、私には誰もいないんだよ。・・・」
二人は、なんとかこの場を切り抜ける方法を考えた。運を天に任せるような計画。しかしもう後はなかった。
かくして、ある計画が実行に移される。
雪穂は偽の手紙で藤村を倉庫に呼び出し、亮二は菊池にタイタニックの映画チケットを渡して第三者によるアリバイがない時間を作った。そして、亮二が倉庫で背後から藤村を襲って裸の写真を撮り、菊池の仕業にしようとしたのだった。菊池の証拠を現場に残し、放課後藤村が追いかけていた、カメラ好きの菊池の使いっ走りを、事件の犯人かもしれないと、雪穂が警察に証言。藤村と菊池をつなげたら、自動的に菊池に警察の手が及ぶ。そうなれば、映画のチケットを渡した第三者として警察に証言する代わりに、雪穂のフィルムを取り戻せるといった算段だった。
計画はうまく運び、亮二はフィルムを取り戻し、上手に証拠をもみ消すことに。「なんでこんなことばかりうまく行くんだろうな・・」亮二は呟く。
雪穂は訪れた。あれからずっと行っていなかった図書館。風と共に去りぬの最後の巻。そこには、ペーパークラフトで型どられた亮二と雪穂が手をつないだしおりが。そして、2006.11.11、時効の日付が記されていた。二人が世間の呪縛から解放される日だ。後ろには亮二が。二人は手を重ねる。


レビュー
始まりがよかった。したたかな若者が老練者の挑戦を受けているシーンだ。しかし、実はここで制作者は視聴者をがっかりさせようとしている。このドラマの味は、初回の延々とした緊迫のやり取りがあってこそである。そして、そのエネルギーが、一見さんには分からない空白部分を必要としたのだ。でなければこのドラマは只の不幸物語になってしまい、やたらと余計なシーンを多く盛り込む結果を招いてしまう。激しい意識の重みが、優しい二人の鼓動を生み、そっと閉じる結末を予感させる。そこでは世間のうるさい雑音はしない。奪い合う痛みはない。ただ、歴史の闇にしんしん降っているのはこれなんだという感覚である・・。
さて、事実が暴かれていく。






ブログランキング

宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。



テレビドラマの時間 三田ちゃんのそら見たことか
http://mitachan.seesaa.net/





大切な人に、お花を贈りませんか?




ドラマ原作本などはこちらから


テレビドラマの時間 三田ちゃんのそら見たことか
http://mitachan.seesaa.net/













   





スポンサーサイト

テーマ:白夜行 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

白夜行見たぞ 2話目

。たった今見終わりました。これはまじで面白いよ。原作買うかどーかずーっと迷ってたんだけどさ、先知るとつまらなくなると思って買うの止めてよかった。原作本買うならドラマ見終わ weekly natu【2006/01/20 07:58】

白夜行第2話

ただの暗い話じゃないなと実感した回でした。雪穂も亮司も頭がイイから上手く事件の隠匿を進めるのだろうけど犯罪を重ねることで、二人の絆が強くなってもどんどん辛くなって my destination【2006/01/20 09:37】

【ドラマ雑感】 白夜行 (第2話/全11回) 「閉ざされた未来に」

 白夜行(第2話)◇事件を封じ込めるために、見知らぬ他人になる道を選んだ亮司(山田孝之)と雪穂(綾瀬はるか)。7年後、17歳になった亮司は同級生の菊池(田中圭)に1枚の写真を突きつけられ愕然とする。写真には亮司の父と幼い雪穂が写っており、事件のことを臭わせる菊 気ままなNotes...【2006/01/20 20:09】

白夜行 第2話

『閉ざされた未来に』 大きな道路にかかる横断歩道の両端で信号を待つ亮司(山田孝之)は、 向い側で信号を待つ男が笹垣(武田鉄矢)だと気づく。 笹垣は微笑みを浮かべている。 険しい表情の亮司。 信号が変わり、亮司も笹垣も歩き出す。 道路の真ん中で二人がすれ違う。 どらま・のーと【2006/01/20 20:17】

白夜行 第2話

1991年冬桐原亮司(山田孝之)は父親を殺し、それをかばうために唐沢雪穂(綾瀬はるか)は母親を犯人にしたてあげ自殺に見せかけて殺した。被害者の息子と加害者の娘になってしまった2人は事件を永遠に封じ込める為、逢った事もない顔も知らない他人になる道を選んだ。あ.. テレビお気楽日記【2006/01/20 21:57】

「白夜行」第二話 ~屈辱と恐喝の危機脱出のために犯した罪~

白夜行第二話です。14年前の事件を永遠になくし、忘れるために、お互い全くの別人として歩むこととなった亮司と雪穂。お互いが忘れた頃・・・雪穂の同級生があの事件の怪文章や記事のコピーを学校に貼り付けられる。そのことが原因でだんだんとエスカレートしていく雪穂に 混沌と勇気日記。~儚き地球の混沌時代に勇気を持つ勇者がいた~【2006/01/20 23:15】

白夜行 第2話~閉ざされた未来に~

事件を永遠に封じ込めるために、会ったこともない、顔も知らない他人になる道を選んだ亮司(山田孝之)と雪穂(綾瀬はるか)。あれから7年…。17歳になった亮司は、同級生の菊池(田中圭)から1枚の写真を突きつけられ愕然とした。その写真には、父・洋二(平田満)と幼い雪 30 on the spot【2006/01/20 23:37】

白夜行 2

タイタニックは1998年の映画だったのか。しかし、普通あれを男一人で見に行きますか? しかも、いきなり渡されたチケットで。……まあ、ドラマですからね。 あれから7年、1998年の冬。 横断歩道でそのまますれ違う亮司と笹垣。 しかし、振り返った笹垣の眼。何を感じたの ソフトorハード【2006/01/21 02:36】

東野圭吾直木賞オメ!!ドラマは「白夜行」要チェック

【重版予約】 容疑者Xの献身東野圭吾さん直木賞受賞おめでとうーーー!!!!受賞作「容疑者Xの献身」は最後だけ読みました(ヲイ東野さんは、基本的に推理小説作家ですが、事件を通して、犯人や被害者のやんごとなき事情の「やるせない」ドラマを描くのが非常に上手いお方 のへぴょんのスゝメ【2006/01/21 13:15】

白夜行 第二話

1998年冬 笹垣とすれ違う亮司 目を合わせなかったが笹垣は、気づいていた。 笹垣は、亮司の母・弥生子の店にいく。 どらまにあ【2006/01/21 13:47】

白夜行

 第2話 第1話を見てないからさっぱり話がわかんないけど、面白いらしいので見てみようと思いました{/onpu/} 雪穂(綾瀬はるか)いじめられてるの?{/face_cry/}亮司(山田孝之)も金ゆすられてるみたいだし{/kaeru_shock2/} 亮司「何でオレこんなに一人なんだよー!!」って 私の趣味日記【2006/01/21 14:51】

【白夜行】第2話

ひとつ嘘ついたら、どんどん嘘つかなあかんようになるねん。そんな人生に未来なんてあらへん。おてんとうさんの下、歩かれへんようになる。身を滅ぼすだけや。笹垣に言われた言葉が雪穂の記憶に突き刺さる。まるで、予言のように、これからも繰り返して行くのだろうか。犯.. 見取り八段・実0段【2006/01/21 16:57】

白夜行 ~堤イズム溢れる演出で魅了~

とにかく骨太な作品。 初回の2時間も、2回目もあっという間。 それに、「セカチュー」を完全に意識した作りになっているのは、 ドラマ版「セカチュー」ファンとしては嬉しい。 特に演出はどんだけ時間かけたんだというくらい凝りに凝っている。 亮司がダクトから、雪穂を見 ドラマ!テレビ!言いたい放題【2006/01/21 17:29】

白夜行 第1,2話

白夜行 第1話 まず第1話は、いきなりエンディングを思わせるオープニングで始まり 裏TV RANKING SHOW【2006/01/22 01:23】

ドラマ 白夜行

2005年、クリスマスイブにサンタクロース姿の桐原亮司(山田孝之)の腹に外国製のハサミが刺さり倒れていた。雪が降りしきる中、唐沢雪穂(綾瀬はるか)は亮治に駆け寄ろうとするが、立ち止まりその場を立ち去っていった… 1991年、切り絵の得意な11歳の亮司(泉澤祐希)は musi-k ~ムジーク【2006/01/22 08:31】

白夜行

1973年に起こった大阪の質屋殺し。そして質屋の息子と質屋に借金をしていた女の娘。19年間に渡るどデカイスケールのミステリー。結末は・・・。いやーすごく美味しかった。ごちそうさま!白夜行東野 圭吾 ::Kellogg::【2006/06/04 10:49】

プロフィール

綾悦

Author:綾悦

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。