ドラマ 白夜行 あらすじ&レビューページ
山田孝之 綾瀬はるか 渡部篤郎出演 TBS木曜9時ドラマ「白夜行」についてのページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 白夜行 第三回 2006年1月26日放送 あらすじ&レビュー

笹垣がマークしていた菊池は、亮二にはめられたと言い出した。警察では、西本雪穂が唐沢雪穂だということが分かってくる。亮二と雪穂が、再度同じ事件に絡んでいたことをつきとめたのだ。
「お前ら、逃がさへんど。」笹垣は牙を向き出す。

亮二は図書館でぼうっとしていた。図書館の司書谷口は亮二を案じ、小さい頃の夢を訊く。「海賊。」亮二はぼそりと答える。
亮二は松浦にあるアルバイトを押し付けられていた。少年売春である。亮二のもとには金のない男子学生が集まり、年上の女性の相手をして小遣いをもらっていた。
雪穂は、襲撃事件の被害者藤村を送りながら、笹垣が藤村に事件の被害届けを出させようとしているのを知る。そこから亮二と雪穂の尻尾をつかもうということらしい。雪穂は亮二から藤村を強迫するためのフィルムを受け取る。時効まで穏やかにしていたい亮二に、「あなたがコケたら、私も終わりなんで。」冷たくあしらう雪穂に、亮二は何も言えなかった。

亮二は松浦にバイトを辞めたいと申し出るが、松浦は取りあわなかった。凶器さえ捨てていない亮二に、「俺が共犯者だったら殺してるよ。」と言って脅しをかける。
ある日、亮二は松浦のマンションにいる所を笹垣に見つかってしまう。とっさに階段を降り逃げる亮二。雪穂に電話をかけてしまう。
雪穂は事件の写真を藤村のロッカーに忍ばせ、相談をするふりをして事件の被害届けを出さないように仕向ける。それを知った笹垣は雪穂に直接聞き出そうとする。雪穂は何も分からないことを装う。
「この親鸞は父母の孝養のためとて、一返にても念仏候はず。」(歎異抄第五章)の一節をつぶやく笹垣。雪穂の後姿を見送る。

一生このままでいれるわけがないと弱気な亮二に松浦は、「おまえは人殺しなんだよ。自首もしないようなヤツなんだよ。いつまでも善人づらするな。」となじりつけ、もう自首するか、自殺しろと言う。
その時亮二がバイトを紹介した園村から、電話の呼び出しが。客の女性がホテルのベッドで死んだと言うのだ。亭主は筋者らしい。松浦からなんとかするように命令された亮二。園村を帰す。

亮二は雪穂を呼び、もう一緒に自首したい、罪を償って出直す方がいい。と言う。雪穂は、今園村と死んだ女性を引き離すには、血液型の違う亮が、完全に別の人と会ってたというアリバイを作れると言う。
「俺に死体とやれって・・・?俺のことなんだと思っているわけ?」亮二は言うが、雪穂は、逃げ切るためには、ここで止めたら意味が無いと言う。亮二は雪穂をバカ女と言い、そんなことでは幸せになれないだろと訴える。雪穂は、笹垣にも、義母にも同じことを言われた、亮にもそう言われたら、その通りだと認めるしかない。と言い、諦める。街の光の渦の中で、「私たち、カップルに見えるかな・・・」と言い、「最後にやりたいことがあるんだけど・・・」と亮二の手を取る。

二人の行った先は教会だった。雪穂は床に向かってイエスキリストの絵を描く。ミッション系の施設にいた頃毎日お祈りをしていたらしい。
「でもこの人にこび売ったって、全然幸せになれなかった。この人の前で施設のおじさんにいたずらされそうになっただけ。私も結構な嘘つきだけど、この人もたいがいだよ。神の前に皆平等とか、信ずる者は救われるとか、求めよさらば得られんとか・・・。嘘ばっか。」
雪穂は祭壇をめちゃめちゃに壊し、十字架をステンドグラスに投げつける。大きな音を立てて割れるステンドグラス。
黙ったままの亮二。「俺、いったい好きな女に何させてんだろう・・・。」
亮二は雪穂の手を握り、自分はもっと強くなる。もう一人で頑張らなくていい。雪穂が二度と手を汚さなくてすむ様に頑張るからと誓うのだった。
そして亮二は最後の良心を捨てた。死んだ女に自分の精子を入れたのだ。
次の日女は発見された。

笹垣は、署からしばらく休めと言われる。
亮二は松浦と共謀し、自分の死亡届を出す。自分は死んで水葬されたことにして、身をくらませることにしたのだ。最後に会いに行った母親は事情を察した。「あんたは船に乗って死んだんだ。そういう話でいいんだね。」母親は泣きながら、後姿で息子を見送る。
亮二は谷口に別れを告げ、雪穂には風とともに去りぬの本の中に手紙と死亡届を残した。
手紙にはこう書いてあった。
「レッドバトラーのように、知恵を使って世間を出し抜き、金を儲け、あなたを思い切り甘やかしたい。逃げのびるための馬車をあげたい。悪趣味なほどの大きな宝石をあげたい。そして、いつか安らかな夜と、心浮き立つ朝をあげたい。不公平なあの人があなたにくれなかったものを、なんもかんもあげたい。それが俺の夢。」
海賊になりたかった自分が幼い頃の夢を追えるなんて、なかなか素敵な人生だという文句で手紙は終わっていた。
雪穂は亮二を追いかける。電車がいく寸前に亮二をつかまえた雪穂は、亮を抱きしめて口づける。そしてこう言う。「ここに亮がいることを私はずっとずっと知っているから・・・」


レビュー
事態は急展開し、なお罪を重ねてしまう二人。亮二はとうとう自分の戸籍上の存在まで消してしまう。お天道様の涙まで誘うような、二人の流浪の人生。だが、二人を覆うけだるさもの憂さ。それはほんらい抱えていた日常の世界の闇の部分であり、たとえばどんな人生だったとしても、二人はそうなっていたかもしれないという宿命感に淵取られている。この回で森下氏は、二人によりカルマ的な日常感を背負わせたのではないか。それは、亮二にとっては、無防備な日常にぽっかり落とし穴が開いているという「穴の悲劇」、雪穂にとっては、頑張るほどに空回りしてしまい、「存在」が遠のいてしまうという「殻の悲劇」である。二人の尊いくちづけは、リ・バース=再誕生を思わせる。しかし、二人は悲劇に進むしかないのだ。確かな翼は、二人のさ迷える魂を救い出してくれるだろうか。






ブログランキング

宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。



テレビドラマの時間 三田ちゃんのそら見たことか
http://mitachan.seesaa.net/




大切な人に、お花を贈りませんか?




ドラマ原作本などはこちらから















   





スポンサーサイト

テーマ:白夜行 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

ずっと前に原作読みました。
あの長い長い小説を一気に!
ドラマもわくわくしながら見てます。
これから雪穂がどんどん変わっていく姿が見逃せませんね。
【2006/01/31 10:50】 URL | shikino #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

白夜行 第3話

菊池は亮司(山田孝之)にはめられたと笹垣(武田鉄矢)に伝える。笹垣は雪穂(綾瀬はるか)と亮司(山田孝之)の関係を調べなおす。亮司は昔の事件をネタに松浦(渡部篤郎)に売春を強要されていた。亮司は松浦に今の仕事はやめたいと言うが殴られる。昔の事件.... テレビお気楽日記【2006/01/27 00:40】

白夜行 第3話~さよならの光~

白夜行 第3話の概要です。笹垣(武田鉄矢)が藤村都子(倉沢桃子)の事件を立件し、7年前の事件まで蒸し返そうとしていることを知った雪穂(綾瀬はるか)は、不安を胸に亮司(山田孝之)の元へ駆け込んだ。そして、捕まることを恐れ、罪に罪を重ねるという雪穂に亮司は尻.. 30 on the spot【2006/01/27 15:10】

白夜行 第3話

『さよならの光』 1998年12月。 川辺でハサミを見つめながら 「もう一回、太陽の下、亮君と歩くんだよ。」 そう言った雪穂の言葉を思う亮司(山田孝之)。 その頃菊池(田中圭)は笹垣(武田鉄矢)ら刑事に、 亮司が自分を陥れる為に暴行事件を仕組んだのではと訴える。 どらま・のーと【2006/01/27 22:51】

「白夜行」第三話 ~乙女泣き叫ぶ、聖母の御加護が無きことに~

白夜行第3話感想です。笹垣(武田鉄矢)が藤村都子(倉沢桃子)の事件を立件し、7年前の事件まで蒸し返そうとしていることを知った雪穂(綾瀬はるか)は、不安を胸に亮司(山田孝之)の元へ駆け込んだ。そして、捕まることを恐れ、罪に罪を重ねるという雪穂に亮司は尻込み 混沌と勇気日記。~新たに待ち受けし混沌の地・勇気は果てしなく~【2006/01/27 23:41】

白夜行 第三話 「さよならの光」

『太陽の下 亮(山田孝之)くんと歩くんだよ』 その雪穂(綾瀬はるか)の言葉を思い出しハサミを持つ亮司 菊池(田中圭)は、「オレはあいつにはめられたんだよ」と笹垣(武田鉄矢)に話していた。 雪穂は、『2006年11月11日』と書かれた切り絵を見る・・。 どらまにあ【2006/01/28 09:38】

・「白夜行」第3話(1/26)

昨日2006年1月26日(木)、TBSドラマ「白夜行」(びゃくやこう)第3話が放送されました。以下、ストーリーはホンノ少しの、感想うだうだ書きます。独り言なので、お許しを。(ストーリーは、TBSの公式HP(http://www.tbs.co.jp/byakuyakou/)や、ストーリ.. たまちゃんのてーげー日記【2006/01/28 10:20】

白夜行 3

ただ時が過ぎるのを待つことなど許されない。 神との決別を宣言した礼拝堂で、決定的に道を外れることを選んだ二人。 選択肢は悪魔との誓いのみだったのか。 「俺はまだ人間でいたかった」 だから、亮司(山田孝之)は良心を失うことに他ならぬ恐れを抱いていたのでしょう。 ソフトorハード【2006/01/28 22:07】

白夜行

 第3話{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} 何だか亮司と雪穂の考え方が違うみたいだね{/ase/}雪穂の方がピリピリしている感じ{/face_ase1/}でもそれぐらい神経質になった方が良いかも{/ee_1/}だって武田鉄矢が真相を掴もうとあちこち探りに回ってるからね{/hiyo_cry1/} ギ 私の趣味日記【2006/01/29 18:13】

プロフィール

綾悦

Author:綾悦

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。